The world is full of lovely stuff :-)
« Previous Entries
» Next Entries

November 2008

The Archives

[日記] 連休は仕事でいいのだ

11.22.08

081121-140544.jpg連休。しかしいつもとかわらない私。これでいいのだ。

だってこの前の連休は激しくたのしんだから、もう満足。
基本、平日に休む方が好き。
どこも空いているから。

さて。
今日したこと。

■今日はお昼間はみっちりお仕事。
→ 提案書を書いていました。

■そして晩ご飯後は英語のお勉強
→ 英単語の覚えがあまりにもわるいので今日は語源を勉強してみた。ちょーおもしろい。

■その後はCCC-Pの活動(キャリアインタビュー)の原稿作成
→今回のインタビュー対象は、ライターとしても活動されていて、同業者としての先輩に校正をしていただくのはとても緊張。ただ、いい機会だとおもって耐える。ああ、でもやっぱり緊張する。

まあざっとこんなかんじ。

明日は朝から取材です。ブロッコリーの取材の時は泣きを見たので、今度はたくさん着ていこう。

[日記] ボケ

11.21.08

081121-140453.jpg街はもうクリスマス一色。ナナちゃん、かわゆい。

さて、今日は朝実家から自宅に戻り、ちょっとした事務処理を済ませてからビックカメラにいってきました。

必要なもの、欲しいもの、チェックしたいものがいろいろあったのだけど、なんだか疲れてしまって全部やりきることが出来ないまま戻ってきました。そして、必要なものさえ買い忘れて戻ってくる始末。やれやれ。ちょいとボケておりますな。

しゅーんと帰ってくると、ポストに注文していた本が届いていた。気を取り直してこれからお勉強。お勉強だけは今のところ順調です。

[日記] ジッカニカエラセテイタダキマス

11.20.08

081120-203940.jpg今日は実家におります。このまま泊まって、明日の朝もどります。うっかり、ひー(愛猫)のこたつをだしてくるのを忘れていた。ごめんよ。

そうそう。今日は午前にCCC-Pのウェブ部会を開催 on Skype。ブログシステムの導入についてまじめに論議しましたよ。ちょっちい=maronの声を久々に……っていうか「あめいちゃんの声聴くの久しぶりぃ~」っていわれたけど、たったの1週間ぶりです(笑)。どんだけなかよしなのか、と。

明日はすこしあたたかいらしい。助かる。まじ助かる。それほど寒くないのなら、ビックカメラいこうっと。ビックカメラいって、時間があればピアッサーも買いたいな。

[日記] 乗り越えてきたからこそ、かしら?

11.19.08

ブロッコリー畑今日、寒かったねーーーーーっ!そんな寒い中、取材でブロッコリー畑にいた私。きゅうぅっ。しかし、生産者の方のお話、おもしろかった。現場の人の話っていうのはいつだっておもしろい。お土産にブロッコリーいただきました。感謝かんしゃ。

さて。

昨日のエントリーRibbit » Blog Archive » [日記] どちらにしろ大変ならばに勉強仲間かつキャリアチェンジの戦友 chivirunn 登場。コメントをくれた。

どちらも乗り越えられる人のところにしかやってこない。(と私は思っている)

chivirunnのコメント(http://ribbit-ribbit.net/2008/11/17/diary-9/ “”)

かつて、そう思ってかなり歯を食いしばって、なんとか大きな転機を乗り越えたことがあった。きっとそうなんだろうね。

それにさ、今思ったんだけど。もし、万が一、乗り越えられなかったらどうなんだろう?どうなるんだろう?その転機の内容にもよるのだろうけどさ。よっぽどよっぽどたいへんなことにならなければ、それもそれって思う自分がいる。だって人生、思い通りにならないことのほうが多いのだもの。って、きっと乗り越えてきたからこそそう思うんだ。……と思いたい。うん、思いたいぞ。

話はどんどんそれていくけれど。

昨日、のまれて流されるぐらいなら、飛び込んで泳いだ方がマシ。って言ったけど、じわじわ来てるものに気づかなくて知らないうちにすげーピンチになってるって状況が私はこわいのです。え、大丈夫?沈没しない?しないよね、まさかね、って思っているうちに溺れる〜みたいな。自分がそういうタイプだからなおさら警戒しているのだ。

田中美津氏が、”臭い場所にずっといるとその臭いになれて、臭さを感じなくなる”というような例えをしていたのだけど、私はそれ(本)を読みながら他人事のように「ほうほう、なるほど」なんて思っていて、そんで実はその時自分自身が実はとっても臭いところにいたという。後から気づいて愕然としたわけ。「てか、私かよ!」って。なんて間抜けなの。かっこわるい。馬鹿じゃん。私。本当に自分が情けなかったなあ。

だから、この先、私は自分の居場所にもっと敏感になって、自分で自分の居場所を決めようって強く思った。だって、よくよくよくよーーく考えてみれば、居場所を選ぶのって意外と簡単なんだもん。

その1 今いるところがダメな場合。
→「こりゃだめだ」って思ったらしっぽ巻いて逃げればいい。

その2 わあ、ここにいたいわって素敵な場所があった場合。
→すてきな場所には素敵な人がいるものだ。ぅううん、そこにいたいの。ってしてると素敵さんが手を差し伸べてくれるから、そこで照れてわけわかんないこといわずに、えいやあと素直になる。

まあ、素敵な場所に立ち入れなかったら、諦める。「だって人生、思い通りにならないことのほうが多いのだもの」。ね。

その「場」を変えようとすることだって素晴らしいけど、その労力をかけるほどの場じゃないってことだって往々にしてあるし、臭いにおいをもとからたつのってそもそもとっても大変じゃない。そりゃ、ちょっとは勇気いるけどさ、「臭さになれきった」あんな間抜けな自分には戻っちゃうことをおもえばなんでもない。

ここ2年で体得したのはこんなところ。

キャリアまわりの学びが自分の考え方や生き方にとても大きな影響を及ぼしたのだけれども、具体的にはまず一番に、自分のキャリアを客観的にとらえるための道具(キャリア論とか実際のアセスメントツールとか)をたくさん仕入れることができたこと。これはとおーーーっても大きかった。

そして、自分の、人の、それぞれのキャリアについてまじめに話すことのできる友人ができたことは本当にほんとうに大きい。みんなと、あーでもないこーでもないと話すうちに、自分のありたい姿や身を置きたい状況(あくまでもこだわりで「自分のやりたいこと」といわないようにしているこのごろ)が少しずつ少しずつ明確になってきている。ずいぶんはっきりしてきたよ。

それって、ひとりで考えているだけでは絶対無理だった。言葉にするって、大切だなあ。聞いてくれる人がいるって、幸せだなあ。2008年、いよいよ冬本番。こころは気づけば、ほかほかなのです。

と、まわりに感謝しつつ。

自分は自分だけからは逃げられません。やっぱり、あくまでも自分発なのです。すべての人がそれぞれに、自分を中心にして世界を形作っているのです。

(いよいよ書きなぐり系日記が加速してきました。びゅーーん)

[日記] 山ちゃんの手羽先 with Hさん

11.18.08

081118-181604.jpg今日はHさんと、世界の山ちゃんへ行ってきましたよ。

このところ酒場では砂肝ロックオンな私だったので、手羽先はかなりお久しぶり。
おいしゅうございました。そしてたのしゅうございました。Hさん、ありがとう♪

今日は、今やってる英単語の本(新TOEICテストにでる順英単語 新版)のCD版(新TOEICテストにでる順英単語 CD版)を買ったし、めがねをふたつ救出(古いフレームに、あたらしいレンズをいれて度をあわせた)し、なんせ一組6,000円で入れられたし。まずまずでございました。

明日も取材です。がんばります。

[日記] どちらにしろ大変ならば

11.17.08

そういえばそうだったね、確かにそう習いました。でも、わすれてた。

「起こると想定していたことが起こらないこと(ノンイベント)」も転機なんだよ。

[さるさる日記 – maron 今日のつぶやき](“http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=437563&log=20081116“)

うんうん。

転機って、たいへんよねー。
イベント、ノンイベント、そのどちらも転機だから、どちらも乗り切る(乗り越える)のは大変なことだ。

たとえば、就職できないのだって大変だけど、就職するまでだって大変な苦労がいる。うれしい結果が出ると「報われる」感で苦労を忘れられることができるけれども、でも大変だったことにかわりはない。

つまりは、人生、どっち選んでも大変だってことだ。
そりゃそうだ、生きて行くのは楽ではないもの(少なくとも私にとっては)。

だとしたら、どちらにしろ大変ならば、ねえ、
「アレしたいけど、大変そうだからいまのままでいよう」なんて本当に本当に意味がない。
今のままでずっといられるわけがないし、転機は必ずやってくるし、だから、どっちも大変なんだってば。この足下の分かれ道。どちらを選んでも、ね。

転機を乗り越えるためのリソースは、シュロスバーグ先生に言わせれば4つの「S」。

【Situation – 状況】 【Self – 自分自身】
【Support – 支援 】 【Strategies – 戦略】

とりわけわたしは「Self – 自分自身」を大事にしたい。状況は(出来うる限り、なら)自分自身で変えられるし見方によっても変わるし、支援先を探すのも支援をお願いするのも自分、戦略を練るのも自分。自分だけでは乗り越えられなくても、でもやっぱり自分発でありたいと思うから。

「どちらにしろ大変ならば」……いったん深呼吸しながらそうやって唱えてみよう。

わたしだって変化は苦手だけど、のまれて流されるぐらいなら、飛び込んで泳いだ方がマシ。
「どちらにしろ大変ならば」だ。

[日記] 年末の小掃除と少しだけ遠出

11.16.08

081116-170902.jpg蔵書を整理し、おばけやしきみたいだった本棚のなかもすっきりした。書店店員の強力なサポートのおかげ。ありがたー。
すっきり本棚写真

普通でいると、大掃除できれいになるどころか、部屋全体がお化け屋敷になっていく傾向になる年末なので、先手を打って11月のうちに地味に大掃除をすることに決めたのだ。ナイス。自分。(そしてナイスワーク、よっちい)

小掃除の後は、もう今日いかないと見逃しそうだった豊田市美術館に車で連れて行ってもらった。夜は大学の大先輩にお誘いを受けていたのだが、戻って書かなきゃいけない原稿があったことと、明日も取材なのでおとなしくカエル……帰る。そして帰った後、もりもり原稿を書く。偉い。自分。(そしてナイスガイド、よっちい)

今週(日曜日)もヨガに復活できなかった。
来週の予定は……と、日曜日なのに(そして連休なのに)取材の仕事だ。いいけどね。文句いいませんー。
取材の時間によってはヨガにいけるかな。ちょっと期待。

さて、また1週間がんばろう。おー。

« Previous Entries
» Next Entries