The world is full of lovely stuff :-)
« Previous Entries
» Next Entries

January 2009

The Archives

[読了メモ] 節約フェチ(007冊目/365)

01.12.09
節約フェチ
節約フェチ
posted with amazlet at 09.01.12
清水 ちなみ OL委員会
幻冬舎
売り上げランキング: 505435

■おもしろかったー。節約技を教える本というよりも、節約家(もしくは非節約家)の生態が分かるという感じがおもしろい。図書館で読んでいたのに笑いをこらえてにそにそしてしまった。

例えば
「奴はティッシュを一度に2枚ずつとる。私が見張っていると1枚にする。」
 ……奴というのは「ダンナ」だ。ティッシュに監視がつくとは恐ろしい。
「割り箸は洗って再利用する。でも洗う時ささくれが出来るのでイライラする。」
 ……イライラしてるあなたにイライラするわ。
「大蛇は絶対会社でする。」
 ……大蛇って何か最初ピンとこなかったし。
「アサリの殻にチラシを貼って部屋に飾る(飾らない方がいい)」
 ……うん、飾らない方がいい。

(2009年1月11日読了)

効率的な「ながら」の追求

01.08.09

人手が足りない自作自演的な毎日=独り暮らし。切なくなってくるのは、自分で服を着て、洗濯して、干して、畳んで、しまって、また出して着るサイクルをついつい客観視してしまった時だ。(当たり前だが)暮らす為のすべてのことは自分でやるかお金で解決するかになってくる。時間はいくらあっても足りるということがないなあと思う。

集中できないからと悪く言われることも多いようだが
基本的に「ながら」が好きだし、常に効率的な「ながら」の組み合わせを考えている。

手があいていることは少ないが、耳ならあいていることが多いので、英単語の本は別売りになっているCD(単語を読み上げている)を買って家事やらなんやらの時に流している。もちろんiPodにも入れている。

今朝は寒さに負けそうになったので、湯船につかって英単語の本を読んだ。

一日中、籠っていることの多い自宅フリーランサーなので、風呂場はいい気分転換の場所だ。
実は風呂場で仕事もする。脱衣所には本やポストイットや筆記具が置いてある。
このお風呂効果で痩せたりすれば「ながら」効果抜群といえるのだがそうも問屋が卸さないらしい。

なかなか楽しい朝時間を過ごしてはいるが、検討の余地もある。

昨年末の作戦会議では、友人と検討の結果ブログは朝書いてみようということになっていたのだが、ブログを書くのは思ったより時間がかかる。少し予定を変更してみようと思うがいい案がまだ出ていない。

時間をとらなければ「まあいいや」となるし、
時間をとるにもあまりにも細切れでは(今は)無理っぽい。
そういう作業をいつに配置するのか。悩ましいところだ。

早起き生活雑感, [読了メモ]1日1分レッスン!新TOEIC Test 千本ノック!(006/365)

01.07.09

朝の習慣

昨日は朝から夕方まで取材(2本いっぺんに取材をしたで、今日も朝8時から取材。
はぁ。新年から(新年だから?)ちょっと疲れてしまった。

2009年もやりたいことがたくさんあるので、生活のリズムを規則正しくしようと目標にも決めた。今は朝6時に起きて、シャワー→お茶すすって→英語の勉強を50分ということにしている。

「起きなければならない」か、「起きたいから」か

朝、わたしは通勤の必要がなく、取材やら打ち合わせやらが朝からなければ基本的に遅刻も何もない。
そのため切羽詰まった感がなく、早起きに緊張感を持てないのがネックといえばそれに当たる。

今日は取材が早かったので「起きなければならない」状態だ。
起きれるか起きれないかというと「起きなければならない」時の方が起きやすいわけで、今日ももちろん起きれたわけだが、起きれるにしてもでもやっぱり切羽詰まって起きるのはなんかいやだなあと思った。
やっぱり朝に楽しいことが待っていたほうが起きて楽しい(あ、あたりまえの文になってしまった)。
「起きなければならない」か、「起きたいから」か。ということ。

いや、別に取材がつまらない訳じゃないが……と書こうとして思ったが、仕事の取材が飛び跳ねながら朝起きてしまうほど楽しいものだと一番いいということか!
取材先に玉木宏がいるとか及川光博がいるとか。うん。わかってる。無理ね。

始業時間を早くする

そんなことは良いとして、早起きして英語の勉強の後は、1時間ほど早く仕事に取りかかるようにした。
仕事が夜にずれ込むことが多く、それがやっぱり辛いということと、
夕方に作業の依頼が来ることが多いということもある。
(広報だけに専念している担当者さんばかりではないので、こういった依頼っていうのも仕事的に後ろにずれ込むというのは印刷会社時代から感じていることだったりする)
こちらが夜に作業しようが朝に作業しようが、お客さまの出勤時刻は決まっているので簡単な作業であれば「次の日に出来てた」に変わりがない。

できるだけはやく作業して差し上げたいというのはあるのだけど、なんせこちらはひとり仕事人。
パズルのように作業時間を調整してはいるのだが……。
段取り力ももっとアップさせなくてはと思うこのごろだ。

以前5時30分起きだったときは午前中に最低限やらねばならぬ作業はすべて完了するという日も少なからずあった。早起きってやっぱスゴいなあ。続けて行こう。

■読書メモ

1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6)) (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))
中村 澄子
祥伝社
売り上げランキング: 1037

そうそう。昨日の朝と今日の移動時間とでちびちびやっていた「1日1分レッスン!新TOEIC Test 千本ノック!」がようやく一回りした。読了です。
千問あるわけではないのだけども、考える時間がいるのでさっさと読んでゆく爽快感がない。
出来はよくなかったので、2巡目として再度問題を解いてゆこうと思う。

gremzの木がおとなになった

01.06.09

gremzの樹が大人になったー!
わーい。思ったよりうれしい。

なんか大人の木になる一歩手前の木のほうがかわいかったけど、まあいいや。

木が育つっていうブログパーツのおまけ的な楽しみも追加されるし、さらに実際に植樹の手助けになる。
一度貼付けたらあとは普通にブログを書くだけというのがいい。

グリムス(gremz)|ブログで育て植林する環境によいエコなブログパーツ

大人の樹へ成長すると… 大人の樹へ成長すると、実際の森へ苗木を植樹します。 「ブログエントリーでエコアクション」をキーワードに、みんなの樹が成長した分だけ、地球上に苗が増えていきます。 ブログエントリーで苗を育成し植林するエコアクション!ブログパーツ型環境貢献サイト 植林活動はスタッフブログ上でレポートします。グリムスの植林がいつ、どの地域に植林されているのかをgoogleマップ上で確認することも可能です。 ※植林する苗は、ブログパーツを登録されたブログへ貼り付けている方のみのカウントとなります。
http://www.gremz.com/about.php より

[読了メモ]マーケティングの英語 ―業界用語の意味と使い方 (005/365)

01.05.09
マーケティングの英語―業界用語の意味と使い方 (NOVA BOOKS)
江口 泰広
ノヴァ
売り上げランキング: 450256

■古本で買ったもの。途中で投げ出していたのだけど最後まで一応読んでみた。
■「一挙両得じゃん」と思って買ったものの、もちろん用語の解説はそれほど詳しくないのでよくわからない。気になる用語はネットで調べてみたりしていたので勉強にはなったのだけど。
■しかし、とにかく、なんにせよ、ボキャブラリーな毎日なのだ。

2009年1月5日読了

[英語]語源に助けてもらう(「数に関する語源で覚える英単語」)

01.05.09
英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法
小川 慶一
明日香出版社
売り上げランキング: 2309

「シゴタノ!」の一連の記事から、「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」を読んでみた。
「英語嫌いっていっても東大生じゃん(私とは脳みその具合が違う)」だなんて読む前はちょっと思ったりしたのだけど、読んだ後は「さすが東大生だ。この人の言う通りやってみよう」と思ってしまったのだった(単純すぎる)。
ということで去年から「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」で紹介されている「新TOEICテストにでる順英単語」を中心にせっせと英単語を覚えている(覚えようとしている)のだが、もう若いとは決して言えない脳にはなかなか入ってくれないのだ。

かといって語呂合わせとかむずむずするようなこともあまりしたくないし、語源を使って覚えようと思い立った。あくまでも「新TOEICテストにでる順英単語」の単語を覚えるための副教材的扱いで「語源とイラストで一気に覚える英単語シリーズ」を使っている。「とにかく覚える」よりも、イメージを持てる分まだ覚えやすい。

で、新年からはできるだけ朝に英語を勉強することにした。

今日は「数に関する語源で覚える英単語」のchapterをやってみた。
semi uni mono bi du tri quad などね。知っている単語も多くて、数に関する語源は単純に頭に入りやすくわりあい楽だった。

毎日、勢いを持ちつつもコツコツとがんばります。

[読了メモ]日々是布哇(ひびこれハワイ) (004/365)

01.04.09
日々是布哇(ひびこれハワイ) アロハ・スピリットを伝える言葉
北山 耕平 デブラ・F・サンダース 長崎 訓子
太田出版
売り上げランキング: 184884

■今日はちょっとだけおセンチだったので、ちょっとばかしゆったりできるような本を読んでみた。再読です。
■わたしはスピリチュアルだなんだというのはどうでもいいというか嫌いというかこわいのですが、でもでも北山耕平さんの(北山耕平の本の?)大ファンなのです。

葉の上で踊る雨を見て、
岸辺に波の笑い声を聞け。

see the dance of the rain upon the leaves;
hear the laughter of the waves upon the shore.

ここそこの友よ、
今年はまだ明けたばかりだし、
たとえそうでなかったとしても、
大丈夫。
新しいことは何でも、いつだって、
「今日」っていう日からしか始められないし、
生きていれば毎日「今日」という日がやってくる。

(2009年1月4日読了)

« Previous Entries
» Next Entries