The world is full of lovely stuff :-)

June 2011

The Archives

「薬師寺東塔110年ぶり修理で法要」の動画がすんごいイイ。

06.26.11

先日、奈良にいってきた。

今回は、1日に薬師寺方面と奈良公園・春日大社あたりをてくてくてくてく。

薬師寺は(私は塔はあまり興味ないのだけど)、
東塔が110年ぶりに、7-8年ほどかかる補修にはいってしまうそうですべりこめてよかった。
私が旅行していった日程とちがうけど、
最近その解体補修工事を前に法要が行われたそうで、
その動画がもんのすごくよかったのでシェア。

http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE110625113400468558.shtml#ooid=ZveXBqMjoMz-ImUb6ebFHLGnC70QWLCQ

散華が散っているのがとってもキレイなのでぜひみてみてね。

それから、今回の旅行ではものすごい鹿充してきた。
今年から、鹿苑で、隔離されているお母さん&赤ちゃん鹿の公開がはじまったのだ。
それにもいってきた。ものすごくかわいかった。

鹿充

次は、蛙飛び行事です(こっそり)。

スペイン語の勉強をはじめました

06.25.11

英語もものになってないくせに生意気だ!
と自分でも思うので、
せめてもの罪滅ぼしに(?)洋書(英語)のスペイン語教本にしました。
英語読みつつスペイン語のべんきょー。

コレ。kindle版があったので。

本当はアンディーウォーホルの挿し絵がついてて、しかもレビューでの評価もかなり良いというコレ

がよかったんだけど、kindle版がまだでてなくて(もうじき、8月にでるみたい)やめた。
スペイン語は響きがかわいいし、
Que(ケ)頻発するとケロケロいってるようにきこえるのでたのしいです。

2言語目だったらやっぱ中国語じゃん?っていう多数の意見で迷ったのだけど、
大学の時の第2言語が中国語で、その時の思いでがあまりよくないのと、
使える使えないなんて考えるほど語学学習において秀でてるものでもまったくないわけで、
やっぱり自分がやっててたのしーって思える言葉のほうがいい!と思った次第。

スペイン好きだし(ピカソ、ミロ、ガウディー!)。
メキシコも、コスタリカも好きだし。

ちなみに、スペイン語まったく勉強したことないです。
そしてどこかに通ったりしないで独学でやるー。

まあ趣味なので肩の力を抜きつつも、コツコツと続けようと思うのだ。

人生初の救急車の話しをしようか。

06.15.11

そろそろ、人生ではじめてのった救急車の話をしようか。

それは、先々週、6月2日、早朝のことだった。

早朝急激な腹痛

友人とフィンランドジャズを聴いて心地よく過ごしたのが6/1。
夜更けに帰宅し、なんのこともなく寝た。

なんのこともなく、とはいったけど、実は痛み止めを少々。
そこ1週間ほど、腰がいたかったのだ。生理痛的なものかとおもって「ああまたか」みたいなものだったのだ。
夜に痛みが酷くなることが多かったので、痛みで目が醒めるのがイヤなわたしは薬を飲んで寝たというわけだ。

Zzzzzzzz….. Zzzzzzzz…..Zzzzzzzz…..

…………?!

きっかり朝4時!

急激な腹痛で目がさめる。
下腹がいたい。
下痢?それとも?

トイレすぐさま駆け込む。

腹 が 痛 い !

き も ち わ づ い !

そして手が痺れてふるえる……。

「(わたし……死ぬの?死ぬなら病院で死ななきゃ!)」

というわけで自分で救急車呼びました。
救急車はスグきてくれた。

救急隊員の詰問

あこがれの救急隊(←たあけ)。

もっとやさしいとおもってたけど、
「一人暮らし?!病院にきてくれる人いない?!昨日なにたべたの?!手ぇしびれてるの過呼吸じゃないの?!○○病院にかかったことある?!いつごろ痛くなったの?!どんな風に痛いの?!こういうことはじめてなの?!」

きびしい……おなかいたいしきもちわるくて話せません……ちょっとまってくだたい……。

とりあえず救急車にはいってよこになってなんとか質問にこたえた。
(もし意識がなくなったりしたらこまるから最初に矢継ぎ早に質問するのはしかたないよね……(;;)でもちょいこわかったです(;;))

そして病院についたのが4時20分ごろ。

白血球とか電解質とか

病院について、ひいひいいいながらなんとか先生の前にすわり、お腹さわられたり脈はかられたりいろいろ。

消防隊員に話したことをまた同じように先生に聞かれる。
しゃべりたくねえ。

そしてベッドにつれていかれる。
看護婦にまた同じ質問される。
しゃべりたくねえ。

しかしこの時点で でろーん としているものの腹痛はきえていた。
病院で一回げりるたからかしら。

点滴。
そして心電図とる。

いつ、血をとられたかわからないが、

「 白血球が多くなっているのは胃腸が炎症起こしてるからだとはおもうんですけどね。
あと電解質のバランスも崩れていて、これも胃腸の炎症のせいだと……ごにょごにょ」

うぇーん、なんかこわいよう。

「ひょっとして石とかかもしれないし、念のため、CTスキャンとかしますか?他のスタッフは8時にならないとこないので、待っていただくことになりますけど」

はい、検査します。
最近健康診断さぼってましたから。

予定をキャンセル

この日は、朝から大府にいって、帰ってきて金山から島田にいって、島田から今池にいってここでは友人と映画をみるはずだったのに。
これはもうキャンセルだな……まだ5時すぎだけどメールいれとこう。

……点滴をがらがらをひっぱっていって、ロビーんところでiPhoneでメールを打つ。

……寝る。

……寝る。寝る寝る寝る。

…… 点滴をがらがらをひっぱっていって、ロビーんところでiPhoneでメールをチェック。

8時ぐらいにはみなさんからお返事きていた。
キャンセルおK!心配するな!大事にしろ!と……。
ご迷惑おかけしました。ありがとうございました。

そして、同じ時間ぐらいには病院のスタッフさんたちがそろい始めたので、
CTスキャン。そして尿検査。

……寝る。

…… 点滴をがらがらをひっぱっていって、先生のおはなし。
早朝のおじさん先生とちがって、ちょっと若めのステキな先生だった。

「ん〜。CTとりましたけど、だいじょうぶでーすよー。
ちょっとねー下痢ののこりがねーここにちょこっとのこってますけど、腸も胃もだいじょうぶでーすよー。
急性胃腸炎だとおもーんでーすねー。ストレスでーすかねー。」

「あの……尿は」

「尿もなーんともなーいでーすよー。だいじょうぶでーすよー。」

「そうですか……」

とこころなしか細く答えてみたのだが腹の中では

「ひゃほーーー!!!

ぜってー尿検査で別の病気見つかるとおもってた!
3年前は何度再検査してもいみふな尿潜血でてたし!
糖もたんぱくもおとがめなしなわけね!!!

卵巣がぐきぐきよじれたわけでも破裂したわけでもないのね!

石があったわけでもないのね!」

とガッツポーズ。
色々思い当たるふしがあり、上にかけないようなヒドイものも勝手に想定していたので
急性胃腸炎?ははーん。ってかんじだった。

でもよくかんがえたら、急性胃腸炎って痛み慣れしてるわたしが救急車呼ぶほど痛いのか。あなどれん!
(まあいつもと違う痛みだったからよんだのであって、痛みの強さがどうこうじゃないんだろうけども)

あ、途中で母がきた。救急隊員が連絡したので。
「洗面器もってきた! :-D 」っていわれた。
入院とかしないし。するにしてももっと他に必要なものを……。

帰宅後、死んだように

先生のお告げがおわって、
まだ点滴がのこってたので、それが終わるまでベッドで寝てた。
点滴は結局3パックもした。(と、みもたんにいったら「豪遊!」っていわれた。なんかえらくなったきがした。エヘン)

それにしても朝4時30分ぐらいから病院でずっとねてる。
看護婦さんとかがちゃがちゃうっさいんだけど、よくねれるもんだ。

そして、タクシーよんでお家かえった。

昼過ぎだった(夕方だとおもってた)。

さすがになんかおなかへったなとおもったので、
もしょしょとおにぎりを食べ。半分しかたべらんなかったけど。

それから寝て、 寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て。

19時ぐらいに母から電話がくるまでずっとねてた。

「あー……もうだいじょうぶだから……」

で、 寝て、 寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て。
寝て、 寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て、寝て。

おきたら、次の日の昼だった……。

一応、前日早朝にキャンセルなどの連絡したものの、
その後の経過をお知らせしてなかったので、
お客様から「その後いかがですか」のメール。
そして映画にいくはずだった友人から「その後どう?大丈夫?」のメッセージが。
ごめんねぇ〜。

なんであんなに寝れたんだろう?
点滴3パックだから?
まあ、血液に影響してるってことは、からだ全体に影響ってことなんだろうけど。

インフルエンザのときはくるしくて目がさめたけど、
今回はほんとに目がさめなかったわ。

さすがの飼い猫も気を使う感じ。

その後。

点滴後はなんと肩凝りと腰痛もなくなっていた。
腰痛で痛み止め飲んでいたけど、
胃腸炎は腰にもくるらしいので、きっとそれだったんだろう。

胃腸炎にやぶれる1週間前はタイフェス行こうとしていて台風で中止したけど、
あそこでタイ料理たべてたら、多分その場で死んでいたのでしょう。

まだ胃がもよもよ……きりきりってくることがあるし、
胃腸炎はクセになるらしいのであぶらこいものは避けた生活してます。
ついでに痩せたらいいのに……。

そういうわけで、初救急車体験だったけど、
たいしたことなくてよかった!というおはなしです。

次のるときは「なう」したほうがよいでしょうか。

あ。ブログ放置してたけど、iMacは2日後に完全体で戻ってきたよ。

06.15.11

ブログしばらく放置してたら、最後の記事がiMac危篤の報告だったw
ばっちり二日後にはもどってきました!
iMacは私のこと忘れてなかったです!

おかえりiMac 厚焼き卵の記憶と共に。