The world is full of lovely stuff :-)

February 2012

The Archives

[解決]エクスポートインポートmysqlのセッティングがまちがってないのにwordpressが盛大に文字化けた。

02.24.12

覚書。

wp-db.phpの

 

if ( WP_DEBUG ) {
$this->dbh = mysql_connect( $this->dbhost, $this->dbuser, $this->dbpassword, true );
} else {
$this->dbh = @mysql_connect( $this->dbhost, $this->dbuser, $this->dbpassword, true );
}

if ( WP_DEBUG ) {
$this->dbh = mysql_connect( $this->dbhost, $this->dbuser, $this->dbpassword, true );
mysql_set_charset(“utf8″);
} else {
$this->dbh = @mysql_connect( $this->dbhost, $this->dbuser, $this->dbpassword, true );
mysql_set_charset(“utf8″);
}

 

に修正。なおった。んもー!

TYPE=MyISAMはだめ。

02.24.12

mysql 覚書。

まず 1044 エラーがでた。
データベース選択したからエクスポートしたのに、CREATE DATABASEがはいってて、そんで「その名前もうあるからつくれない」とかいわれて、それでその部分を削除したら、こんどは別のところの構文が違うっていわれて、

たどり着いたのがここ。

最終行のところがTYPE=MyISAMになっていますが、この書き方はMySQLのバージョン4.0.2以前の書き方で、現在は非推奨となっているようです。このままで新しいバージョンのMySQLにインポートしようとしたところ、エラーとなりました。そこで、この部分をENGINE=MyISAMと書き換えたところインポートに成功しました。
http://kihon-no-ki.com/mysql-4x-sql-change-from-type-myisam-to-engine-myisam 

もー。これを全部かきかえたらうまくいきました。

もうひとつのサーバーもmysqlを4→5にバージョンアップできましたよ。
wordpressのバージョンアップしなくちゃ。

話題のGumroadで「アレ」を買ってみたんだけど、購入手続は不安になるほど簡単でした。

02.15.12

「誰でもデジタルコンテンツを気軽に手軽に販売できる」ってことで話題のGumroadで、売ってみたよ!ならぬ、買ってみたよ!のお話。
昨日の夜中、初めて利用してみました。

買ってみた「アレ」とは、名古屋製の美麗なtwitterクライアント Saezuri です。
ま、Saezuri は無料で使えるので、「購入」というよりは「ありがとね!」「開発がんばってね!」の投げ銭的なものですね。

支払いはpaypal経由。
つまりは「paypal寄附」と同じ仕組みなんだけど、ユーザエクスペリエンスがしゃれてるじゃろう?ってことみたい。

まず、使ってみて、サイトを見てみての感想は、

「簡単に売ること」ばかり考えてつくっていて、買う側の気持ちを考えてないんかな?

ってこと。

わたし、簡単に買えることは大事だけど、簡単に買えないことだって大事だとおもうよ。

paypalのシステムをつかっていても、買う側は、paypalの画面に飛ぶわけでもなんでもない。

最初に使うときはクレジットカードとか大事な情報を入れるのは不安。
それはpaypalだって同じだったけどね。

今回はちょうどsaezuriを買う事で試せたのがよかった。

Saezuriをつくってる人=お金を渡す人が知ってる人なのでいろいろ聞けるしね。
(販売者にどんな風にどんな情報がいくのかとか)

というわけで、どんなだったかの「使い方」。

まずは販売ページにアクセス〜。

「I want this!」をクリックすると、

 

って画面になるので、

  1. to のメルアドのところに自分のメールアドレスを入れる。
    (最初なんで自分のアドレスなのにtoなんだろういいのかなってなんか変におもったけど、購入したデータが送られてくる場合、ここに送れ、ってような感じなのかしら)
  2. その下のpayment detailsにクレジットカード情報を入れる。
  3. Payボタンを押す

そうすると、

支払いが完了する…… ϵ(´ ° ,Θ, ° `)϶

簡単すぎる、あっさりすぎる、さっくりすぎる!

お金がからむことって、普通もうちょっと途中で

「ほんとに買いますか?」

的なものとか、
「次のボタンを押すまでお支払いは確定しませんよ〜」

的言葉、出てこない?

ん〜。

それで、購入後、Gumroadから届いたメールはコレ。

「おめ!Saezuriゲットだね!」ってそれだけかよw
tweetしようとかshare しようはちゃかりはいってるけど、
購入する側(した側)が困った時に見るようなFAQへのリンクもない。

サイトをみてみたら、 FAQはこんなかんじ。

買う側にも関係ある話しではあるけど、でもやっぱり売る側視点なんだねえというような書きかたのような気がしますよ。

こういう風だともっといいのに、って思った事

  • 「これ買いますよ!いいですか!」って一回ぐらい心配してほしいよ
    (数百円ならえいやあ!だけど、だって、1万円とか3万円だと…w)
  • メッセージを送らせてほしいよ
    (今回みたいに投げ銭的なものとか寄附だったりすると、「いつもありがとう」とか「○○につかってください」みたいなメッセージが書きたい時ってあるよね。写真を買う時とか「○○が気に入りました!」って言いたいし。そういうコミュニケーションはtwitter使ってやってねってことだろうけど、ほら、表立って言うことへの恥じらいっていうか、やまとなでしこっていうか(違))
  •  購入者視点にたったFAQはもっと詳しくしてほしいよ
    (払う側のリスクや不安に配慮してほしいですよ)

とかいろいろ書いたけど、便利です。

今回の「販売者」だった”なりゆー”にきいてみると、
販売者に行く情報は、最初に入力したメールアドレスだけだそうです。

そだね、デジタルデータ売るのに住所だの名前だの、いらないっちゃいらない。
販売者がどんなひとかわかんないってときに、メルアドだけでいいなら、それはそれでよい。

それに、なりゆーもそうしていたけど、paypalの寄附ボタンも、Gumroadのボタンもつけて、選択肢が増えるのはよいっておもうの。自分の好きなほうでやれば(根っこは同じなんだけどw)。

paypalが分かりやすいかっていわれたら、全然そんなことないし、paypalとGumroadの良いところ足して2で割ってほしい。

Gumroadに対抗?して、日本人がAmeroad(ガムvs飴)をつくったらしいけど(うわー…)、Ameroadはさておき、触発されて類似サービスがたくさんでてくるといいな。

震災後、ということもあって、小さな力をあつめるとか小さなお金をあつめるってことが時にはとっても大事という場面をみてきた私たちですし、場所と時を超えるインターネットの本質ってものがあるわけで、小額決済はほんともうちょっとなんとかなったらいいのにね〜っておもいます。

今度は売る側で使ってみようかなっと。

ところで、iPhone版のSaezuriつくってください。>なりゆー

バレンタインデーたのしかった!

02.15.12

↑みて!わたしのつくったブラウニー!最終的に5台焼きましたよ…と。

さて、今日はバレンタインデーでした。
たのしかったー。

今年の自作チョコレート菓子はチョコブラウニー!
はじめてつくったけど、栗原はるみを信じてヨカッタ。

昨日つくったんだけど、
なんせ給湯器こわれててお湯でないし(お湯じゃないとボウルのチョコレートとかが洗えないのでいちいちお湯を沸かしてた)、その給湯器の修理で途中水が止まるとかいろいろありましたけどわたしやってやりましたよ!

食べていただいたみなさんには、たとえお世辞であれ「おいしい!」といっていただけたので満足。
ありがとう。わたしうれしいよ。がんばってつくってよかった〜。

それで……。

わたしは、チョコレートが大好きなのでバレンタインデイがすきです。
チョコレートをあげるたのしみと、もらう楽しみを、両方味わいたいです。

ということで、バレンタインデー前には「チョコ頂戴」と軽々しく口にしますので、女性陣がチョコをくれます。

今年もこんなに!

うほほ!いいでしょ〜!ケロチョコとか、ユーハイムとか、なんとチーズ専門店のチョコレートとか。

チョコレートを持ってきてくれた後輩とついさっきまでお茶をしてたよ。
ちょこうまーい!ときゃっきゃしながら、ほうじちゃゴクゴク。
夜更けのチョコレートパーティー。

バレンタインデーもやっぱりたのしい。

 

ひーたんを予防接種につれていきました。

02.01.12

年に1回は必ずくるひーたんの外出。
それが予防接種祭り。

・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫カリシウイルス感染症
・猫汎白血球減少症

の3種ワクチンを毎年打ちます。

あと3つぐらい予防接種はあるそうですが、ひーたんは外にでない猫なのでこの3つで十分なのだそうです。

……ということで動物病院へ。
今日行った動物病院は、大須に引っ越してきてから行き始めた病院で、ワクチン接種は4回目。
つまりは4年目です。

ここの先生は渋めの先生で、

「人の食べ物はたべさせてないね?」「はい」
「外にはだしてないね?」「はい」
「ドライフードだね?」「はい」
「お水はしっかりあげてるね?」「はい」
「あったかい寝る場所用意してるね?」「はい」

と、ひーたんの触診中はこんな感じで、人間にはぶっきらぼうに質問をしていきます。

ただ、4年目にしてようやく、今日の先生はちょっとやさしかった気がしました。

「3年間体重変わってませんね。いいことです」

「(えへへ //////)」

去年も、

「去年と体重かわってませんね。いいことです」

っていわれたのだけど、今年の方が言葉がやわらかかったような気がしたのです。
4年目にしてようやく「まあまあの飼い主」とみとめられたのかもしれません。

ひーたんは相変わらずのへたれっぷりを発揮し、
診察台の上で先生に「ふわしゃー!」と威嚇するも、完全に腰はひけている状態。
先生にも、看護婦さんにも笑われていました。

いまのところ、ワクチン接種ぐらいしか病院に縁のないひーたん。
しかし、8才なのでもう熟女猫です。
お互いまだまだ元気に暮そうね。