The world is full of lovely stuff :-)

» Next Entries

April 2012

The Archives

願いを知ること、先入観とたたかうこと。とか(笑)

04.03.12

そういえば、こっちにはまるで書いていなかったけど、
ケロ浴衣プロジェクトが進行していて、
一番の難関=10反分の注文を集める=を突破してました。

カエルの浴衣が欲しいと思い続けてはや何年(かるく20年以上…)。
やっと願いが叶いそう。

ところで。

友人が「面白いから読んでみて」と言ってくれた本で、
「願いごと手帖」のつくり方』っていうのがある。

わたし、スピリチュアルとか大嫌い。
だって、「お母様の願いが……」「ご先祖さまの思いが……」「あなたのオーラが……」、もにゃもにゃもにゃでおかねちょーだい☆ってことだから。
なので、運気があがる!とかも、願いがかなう!とかも、よけてとおる。
表紙に「必ず願いがかなう」ってかいてあるんだけど、 んなわけないじゃん。ばーか。……ぐらいにおもってた(そういう人間だということを友人はしってるから大丈夫w)。

けど、読んでみたら案外おもしろくて(ズコーw)、それはどうしてかっていうと、
「必ず願いがかなう」からではなくて、

  • 自分の願いを知ること
  • 先入観と戦うこと

は大切だとおもったからだ。

…… ただ、それだけなんだからねっ!!!! ///////

たとえば、どうしても気が合わなくて、うまくいかない同僚がいる。だからといって、「D子さんが会社を辞める」とか「仕事で失敗して左遷されて移動」なんて願いを絶対に書かないこと。
 書くのなら、みんなが今よりよくなる形で考えよう。たとえば、せめて、<ストレスのない職場環境にすんなり落ち着く>と書こう。
 D子さんに関係なく、自分にストレスのない環境になればいいだけのこと。自分が異動になったっていいし、転職したっていいわけで、結果さえよければ○なのだ。

というところをよんで、そうおもったのでしたよ。
冷静に考えれば、この状況で 「D子さんが会社を辞める」って願いは自分のほんとうの願いを見失っているとわかるのだけど、けっこうこんなふうに短絡的に考えることって、多いとおもう。

願いを知ること。

まず第1に、自分の願いがわからない状態というのは、無欲な状態ではないとおもう。
その逆なことが多いような気がする。
自分の願いがわからないからこそ、なんでもうらやましくなる。
AちゃんいいなーBちゃんいいなー、あれいいなーこれいいなー。
ってかんじにね。何でもほしがっちゃう。

それはとても哀れなことだ。
やよいちゃんがどんなにすてきなスカートをはいていて、それをほしがったとしても、私のウエストでは無理なのである。
そういうことである(すこしちがう)。

先入観とたたかうこと。

第2に先入観。可能性をつぶす意味での先入観だ。

先の例のように、「D子さんが会社を辞める」でもハッピーになるのかもしれないが、それ以外にも手はあるわけで。
先入観があるっていうことは、願いを叶えるすべを手放すことになりかねない。

「毎日、松阪牛がたべたい!」

という願いがあったときに、「いつかそうなるといいね!可能性は無限だよ☆!」っていってもしかたないんだが、

「毎日は無理かもしれんが、松阪牛たべたい」
「一度は、松阪牛たべたい」
「お金がないけど松阪牛たべたい」 
「とりあえず松阪いって松阪牛のステーキのにおいだけでもかぎたい」
「つか松阪いくお金すらないけど松阪牛たべたい」
「松阪牛があたるプレゼントとかやってないの?ネットでさがすか」

となり、検索してるうちに、ひょんなことから

「大川リエさま。わたくし、この度実家に帰ることになりました。名古屋では大変お世話になりました。もしお近くにいらっしゃったらぜひお立ち寄りください」

なんていう手紙とともに松阪牛が送られてきた。

とかあるかもしれないやん!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まあ別にこんなことがあっても、奇跡でもなんでもないのだ。
引きよせてない。念力でもない。多分、脅しでもない、おそらくは。

ズバリ、これは偶然である。

だが、この偶然は偶然にも先入観がいかにくだらないものかをおしえてくれるのだ。

  • 「お金持ちしか松阪牛がたべられない」というのは先入観である。
  • 真実は、「松阪の松阪牛レストランで高級な松阪牛を食べる場合、自分がただの客として自分でお金を払うとしたらお金がないと松阪牛はたべられない」

ということ。ただそれだけだ。

「お金もちじゃないから松阪牛がたべれない」→「お金持ちになろう!☆」というのは先入観にこりかたまった考え方だともいえる。「お金持ちじゃなくても松阪牛が食べられる100の方法とその実践」について考えることが先入観と戦い、勝利する方法ではないか。

つまりだ。何をいいたいかというと。

  1. オリジナル浴衣なんてもっとお金たくさん払わないとつくれないっておもってたよ。
  2. 20年のあいだ、今よりお金持ちだった時はあるけど、そのときはケロ浴衣つくらんかったじゃん。
  3. ケロ浴衣はやく着たい!

の3点である。

そしてわたしは今

  1. 本当の願いが見えにくい
  2. つか願いとかあるのかな
  3. もうむしろ願いたい

状態だったりする。
以前書き出したものはなんかメンテ不足。
願い、願望、希望、もっかい書き出してみようと思います。

ちなみに、『「願いごと手帖」のつくり方』という本の内容はこんなんじゃないからね。

新年度。

04.01.12

今日から新年度。
4/1はエイプリルフールで、ひーたんの便宜上の誕生日。

今日はひーたん猫缶ふたあつ。
年に数回のごちそうディ。
はふんはふんいいながら食べてました。
今年も宜しくね。毎日元気で猫しなさい。

わたしはといえば、自転車であちらこちらと用事をすませつつ、 ふらふら。
やっぱまだ寒いね。

今日はこれからアプリを探したり色々します。


» Next Entries