The world is full of lovely stuff :-)

[books]作って楽しむ信州の保存食 横山 タカ子 (38/300)

楽しい読書生活

08.02.24

多読|乱読|1年で300冊の読書にチャレンジ中

作って楽しむ信州の保存食
横山 タカ子
信濃毎日新聞社出版局 (2007/04)
売り上げランキング: 60559

■最近お友達になった友人の友人が、「りえちゃん(私の本名だ)がすきそうだから」と見せてくれた本。すきそうだって?好きに決まってるじゃないかと、気に入ってしまい即効で買い求めた。乾物づくりが趣味となりつつあるわたしの保存食バリエーションを確実に増やしてくれるであろう一冊。

■ジャム、ドレッシング、リキュール、砂糖衣、コンポート、佃煮、そして干し物。いろんな保存食が紹介されているからたのしい。

■そうそう、ついこないだ読んだ「本は10冊同時に読め!(サイト内リンク)」が頭に残っているのだ。できるだけ生活臭を消した読書をしろとかかいてあったなあ。まあ、この本はレシピ集なので読書にはいらないといわれるかもしれないが、「本は10冊同時に読め!」の著者ならなんというかしら?

■この本はいうなれば古きよき庶民の本である。どうせ庶民なら、保存食をつくってたのしむゆとりのある庶民になりたい。

■とかいてまた思考は別へいくのだが、いまどき、料理をしないのは時間がないからだけではないと以前取材したことのある食育の専門家の某先生がおっしゃっていた。料理をする時間がないのは確かだが、料理に費やすぐらいならその時間は別のレジャーにまわしたいという人たちが増えてきているそうな。いわれてみれば自分にもあてはまらないでもない。「時間がないからコンビニ」的な。そうして節約した時間を、わたしは一体何に使っているのか。保存食でも作りながら考えてみたい。

(08/02/23読了)

Smilar Posts