The world is full of lovely stuff :-)

Category

使えるモノコト

iPhoneが(みなさまのお力添えのすえに)やって来た。

04.06.09
Apple Store Nagoya SakaeでiPhoneを

遅ればせながら、iPhoneがやってきた。

わたしは諸手続きが大の苦手。
公共交通機関と同じぐらい苦手。
しかもお役所風な場所での手続きが苦手。
携帯ショップはお役所じゃないけど、ちょっとだけお役所の臭いがするのだ。
(銀行もしかり)

というので、iPhoneゲットの最大の壁はソフトバンクショップへいくことかとおもっていたのだが、なんだ……「Appleストアでも手続きできるのね」ということふらりと立ち寄ったApple store nagoya sakaeで分かって、「はい。お買い上げ」。

とはいっても書類を集めたりとかって辛いので、よし猫について来てもらった。いつもありがと。
そしてわたしの証明関係の書類がよれまくってて(免許書の住所をかえていないとか)で
Apple Store, Nagoya Sakae」のおねえさんにもご苦労をおかけした。
アップルストア、いつもありがと。感謝の気持ちを込めて、Appleケアに入りました。

iPhoneとコロちゃん

そして買ってすぐお家に帰って来て、あまりにも下調べがなく半分衝動買いだったため
「さて?はてな?なにしたらいいのん?」状態だったのだが、
わざわざインストールしているアプリをメールでおしえてくれたりケースのことを教えてくれたり見せてくれたりとtwitterのお友達が居てくれて大助かり。こちらも、いつもありがと。

感じたこと1
買って思ったのだけど、これ、よく考えると安い。

というのはわたしはけっこう最近に、高い電子辞書(3万以上した)とボイスレコーダー(1万円ぐらいだっけ)を買っているのよね。いや、そのどちらもわたしなりの思いと考えがあるので、後悔はしていない。
していない……けれど、「色々なことができる何かひとつ」っていうのもいい。
(辞書アプリは買うにしても)電子辞書にもなり、ボイスレコーダーにもなり、iPodにもなり、もちろん電話になるのだから、考え方によっては「安い」と言えるのではないかと思ったのだ。
(そのかわり壊れたら、全部のことができなくなるのがこわい私でもある)

感じたこと2
そして、思っていたより未来道具

iPhoneを買うまでは、iPhoneのことを「ちょっと素敵な携帯」「ちいさくてしょぼいMac」だと思っていた私。ごめんなさい。

iPhoneは思っていたよりもっとずっと未来道具。
わたしの未来認定が低いというのはあるにしろ、だ。

EvernoteとOmniFocusのiPhone版をいれただけでも、「いつでもどこでも」考えたいことを考えられる気がしてならん。
昨年秋にiMacを新しくしたときには「いらんし」と思っていたmobileMeにも入ってしまって(iPhoneと買うと3000円引きなのにつられた)さらに便利すぎ。

感じたこと3
さすがのわたしも出かけたくなる

乗り換え案内とかもキレイに見られるから、電車で迷うことが少なくなることにも期待している。調べたあげくに違う電車に乗るということはありそうだが。

今どこにいるかすぐに地図で見られるのも(今更)感激した。そのまわりにどんなレストランがあるかもわかるし。GPSってすごい。

出張が多いビジネスマンとか便利だろうなあ。
超インドア派のわたしでさえ、iPhone持って知らない土地に行きたくなる。

(ちなみにわたしは人並みはずれて公共交通機関が苦手なだけで、方向音痴じゃない。ここは勘違いしないでいただきたいポイント)

さてさてせっかく買ったのだから、これでさらなる暮らしの効率化を図りつつ、またいろいろたのしんでみることにしよう。 🙂

OmniファンのわたしはOmniFocus – 「外出時に確認」パースペクティブ

03.04.09

Lifehacking.jpの堀さんが、シゴタノ!でMac用のGTDアプリを5つも紹介している(Macで仕事を加速させる5つの定番GTDアプリ)。

OmniFocus | Things | TaskPaper | ActionGear | Anxiety

こんなにあるんだ〜と驚いた。わたしはひとつしか使ったことが無いのだよ。

Omniファンのわたしが使うのはやっぱりOmniFocusなのだ。

値段が高いのがちょっとつらいけれど、
OmniGraffle Professionalの4から5のバージョンアップ代と同じぐらいで買えると思えば安いもんだ……と思えるとか思い込もうとしているとか。
なんだ、あれだ。必要ないのにOmniPlan買うよりましよね。

わたしのお気に入りの使い方のひとつは「お家(職場)以外=外:外出時」のコンテキストのアクション一覧を「外出前に確認を」パースペクティブとして登録していること。
まだ期限が先のアクションでも、外出のついでに済ませることのできるものがあるかどうかチェックするため。

仕事とプライベートのくらしが入り交じる「ひとり仕事人」にとっては、「ついでついで」で物事を済ますのが時間(&気力)節約のカギ。カギっていうか、それをやらないと毎日がわやわやになる。

このチェック体制と、インナーバッグのおかげで、お出かけ先での「しまったーわすれたー」が随分無くなったと思う。

とはいってもあわてて出かけるようじゃチェックできないので、
何事も余裕のある行動をこころがけるのがベースだと肝に命じろ。自分よ。
慌てるの苦手だしね(素早く行動できない大トカゲ)。

【余談】堀さんの記事の出だしの「なんでわざわざ仕事で Mac なの? Windows で十分じゃない?」っていうの。
わたしはむしろ「なんでわざわざ仕事で Windows なの?Mac で十分じゃない?」ってつっこまれるのがこわい。お外に持って行くノートパソコンはWindowsなのだ。まだ1年も使っていないのだけど、やっぱりMacのノートに戻りたい。ぁぁ、戻りたい!

電気ひざ掛けを買った(喜)

12.07.08

昨日Yちゃんと1日しっかりとマル秘プロジェクトに取り組み、夕方に外に出たら、意味が分からないほど寒くて驚いた。なんじゃこれー。

絶望感を感じながら(大げさだけど、本当に寒いのが嫌いなんだもの)家にたどり着いたら、不在表が。楽天で注文していた電気ひざ掛けだ!うえーい!

寒がりとはいっても、うちにはこたつは無い。
29歳の時から(結婚で家を出てからということ)ずっと家にはこたつが無い。
あるにはあるけど、猫用のこたつしかないのだ。

だってだって、こたつって掃除のとき邪魔だしさ、こたつ布団をがっとあげるとびょろんって靴下が出てきたりするしさ、何よりも何よりも、こたつの外に出たくなくなるじゃないか!
こたつなんか導入した日にゃ、仕事が進まないことは明らかだ……。

それではエアコンはどうなんだというと、これがまた苦手だし。鼻が乾く。頭が痛くなる。音が嫌い。朝、着替えたりなんだりする10分とか、お風呂上がりの10分ぐらいしかつけない。

下の階は空き部屋。からっぽ。それでよけいに寒い気がする。
ここに引っ越してきて二度目の冬をもっぱら、電気ストーブをその都度手でいどうさせて足下においたり、fashyの湯たんぽ3つをフル回転させて生きてきたわけだが、電気ひざ掛けというものがあることをふらっと立ち寄ったエイデンで知る。これは「買い」だ。お買い物大好き。

ハンターと化したわたしは、その場では買わず(ごめんね、エイデン)楽天市場を調べてみる。
すると、3000円ぐらいからあるではないか。

安いのでいっか?とも思ったのだけど、楽天ポイントが7000円近くたまっていたこと、安いのはサイズが少し小さめであることで、二枚も三枚も買うものではないからそれなりのものを買っておこうという判断に。

テレビ通販でも売っていたらしいブランケット・プラスに照準を合わせる。
両肩のあたりから脇にかけてファスナーで腕通しがつくってあることとか、腰に巻き巻きできるホックがついてるのが気に入った。

同じくファスナーやボタンがついている色がベージュ系のこっちの商品と迷ったが、よしこ猫が「赤い方があったかそう」といったので、その意見に従ったというわけ。

再配達のお願いを昨日のうちにすませ、今朝ゲットした。
ぬ、ぬくとい。思ったよりも、とてもとてもぬくたいです!神様!
敷いてるお尻部分はあつくなるぐらいです!
受験生チックなムードもいいです!
夜食にはカップラーメンとか食べたいです!

うふふ。ちょいとご機嫌なわたしなのでした。

ねえねえ、餃子パーティーのとき持って行ってもいい?<よしこ猫

midomi - ハミングで音楽検索

10.25.08

ハミングすると、その曲をサーチしてくれるサービスがある。びっくりした。

無料(!)のiPhoneアプリであるそうだが、
iPhoneを持っていないので、midomiのPCサイトで試してみた。

すごい。midomi、すごい。

何の曲でためそうかな〜と頭に浮かんだのがシンディーローパーのTime After Time。なぜか口をついてでたハミング(?)が、

♪にゃにゃにゃっ にゃにゃにゃっ にゃにゃにゃーにゃにゃー にゃっにゃーにゃにゃ ( If you’re lost you can look and you will find me time after time とハミングしている……)

だったのに、ちゃんと言い当ててくれたよ。midomi。
検索結果として出てきた曲の8曲のうち7曲がTime afte time だった。

そして、その検索結果から何ができるかというと、
ユーザーが録音した Time after timeが聞けるということと、

動画を探す、アルバムを表示、すべての録音を聞く、歌を購入(iTunesからダウンロードできる)

というわけだ。

要するに、ユーザーがたくさん歌って録音すれば、それだけ精度もあがるよ。っていうことなのね。
わー、たのしいなあ。おもしろいなあ。

みなさんもぜひお試しあれ。

midomi PC http://www.midomi.co.jp/

(via midomiを使ってみたらすごかった – Blog.IKUBON.com)

ICレコーダーを新調した sony ICD-UX81

10.22.08

ICレコーダーを新調した。機種は「sony ICD-UX81」。

仕事での取材もさることながら、キャリアストーリーの聞き取りという活動でも取材が増え、講師のお仕事で(自分の仕事を振り返るために)録音しておきたい場面が増えたため。

今まで使っていたOLYMPUS DS-20 Voice-Trekを買った当時は、Macで使える機種自体がとてもすくなくて、値段もいまのようにお手頃ではなかった。そのときの感覚でずっと来てしまって、まわりの人のICレコーダーが「いいなあ」と思っても、「わたしMacだから」なんて思っていたというわけ。

自分のICレコーダーがあまりにも時代遅れになっていることにさえ気づいていなかったということかな。

ふと調べてみると、あMacでも使えるのがなんかいろいろありそう。……ということで次の点にポイントを絞ってあたらしい機種選びに乗り出した。

  • Macで使えるもの
    必須条件。取り込みだけwindowsでするなんてとろくさいことはしたくないから。

  • 接続したときに特別にソフトが立ち上がらないもの
    外部ストレージ扱いしてくれるほうがてっとりばやいから。

  • MP3で録音してくれるもの
    DS-20 Voice-Trekはwmaだったので、「EasyWMV」($15だよ)で都度変換していた。

  • USB直差しできるもの
    コードがもういろいろありすぎて、どれがどれのかわからなくなってきつつある。

  • できればUSB充電できるもの。
    電池切れはよくあることだし、コンセント口はないけどパソコンを持っているという場面があるし、作業中手元で充電しながらの方が楽。(コンセントさしとくのはすぐわすれる)

  • できれば2GBほしい、でも1GBでもいいや
    DS-20 Voice-Trekは128MBなのだ(今となってはなんかかわいい癒し系の容量、笑)

で、すべての条件を満たしてくれたのが「sony ICD-UX81」というわけ。2GBの方にした。やったね。

シルバーにするのか、ホワイトにするのかでちょっと迷ったのだけど、友人のK氏が「仕事で使うならシルバー」といったので、仕事で使うが逆にホワイトにしたあまのじゃく。だって、仕事道具っぽくないほうが仕事がはかどるもの。

ところがこのホワイト、届いてわかったのだけど「青みがかったホワイト」なのね。白は白なのだけど、Mac系の白とちがうの。Macのほうは乳白色に近いあたたかみのあるホワイトでこっちの白のほうが私は好きだ。

で比較のためにキーボードの上で写真を撮ったのだけど、これではわからないね。

その色身が何となく気になってしまって、ストラップホールにシルバーブルーのリボンをつけてシルバーのカエルさんをぶらさげた。よしよし。色のバランスがとれた気がして、落ち着いた。お気に入りで使えそう。

といっては実はまだ実際に使う出番がきていないので、
使い勝手はまた後でレポートしよう。

無印良品のポータブルラジオがいい具合。

04.30.08

インターネットとの親和性が良いなどといわれている「ながらのメディア」ラジオ。
わたしはラジオが好き!なのだ。
聴くのも好きだけど、なんか、ラジオそれ自体が、好き。

で、家にはけっこうな数のラジオがあったりするのだけど(一人で暮らしているのにラジオが4つ)。
そしてつい最近、sonyのラジオを買いに出かけて、うっかり無印の充電ラジオ
を買ってしまった。これがなかなかにいい具合なのだ。

他にも「手巻き式充電ラジオ」はもっているのだけど、それはイマイチ電波キャッチが弱い。その点(うちでは)この無印ラジオは快調。
イヤホンもつけられるし、携帯の充電もできる。シンプルな感じだけど、ラジオのもつおっさんっぽさがちょっと残ってるところもまた良い感じ。

「ラジオがあるとなんだかいいな」はこんなとき。

  • 仕事中。音楽や英語学習のCDに飽きたとき。
  • 雑誌を読んでいるとき。
  • 掃除しているとき。
  • ベランダで洗濯物ほしてるとき。
  • ベランダで植物の手入れしているとき。
  • ぼーっとしているとき。
  • 野球のシーズン中。

ちなみに外に出かけるときもライターサイズのラジオを持っていきます。だから、特にシーズン中はね。がんばれドラゴンズ。

そうそう、無印で家電を買おうかな?と思ったときいつも感じることなのだけど、無印はカタログ(紙・ネットショップともに)に機能をあまりキチンと書いていない。

買って初めて分かったのが「生活防水」(JIS IPX4等級)ということ。防水とうたってなかったので「うーん、防水だったらもっとよかったんだけど。まいっか」と思って買ったんだよ。なんなんだ。

ちなみに、sonyのラジオを買おうとおもってうっかり無印でラジオ買ったついでに、これまたうっかりと無印のコンパクトCDラジオレコーダーを買ってしまった(またラジオがついてる)のだが、これはジロジロみているとお店のお兄さんが「説明書お持ちしましょうか?」といってくれたのだった(ラジオも説明書見せてもらったらよかった)。iPodみたいのんとも接続出来そうだったので(まだちゃんとは試してない)、つい購入。「こんな機能がいらないのについてた!」って怒られることはないだろうけど、機能はもっとちゃんとカタログに載せた方がいいと思うよ。

あと、二つぐらい欲しいラジオがあるのだけど、もうホントこれ以上はいらない状態になっている。お部屋がいっぱいあって広いお家ならまだ買えるのに。寂しい。



無印良品ネットストア

追記1:ちゃんとしたレビューのページをみつけたので載せておこう
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2006/11/17/164.html

追記2:JIS IPX4等級について詳しいページをみつけたので載せておこう
(おしい。防塵なら砂浜でも使い放題だったかも。サーファーじゃないからいっか)
http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/closeup/CU20070731B/

猫と仲良く働くには?

04.10.08

猫がいるならば、誰でもパソコン作業の邪魔をされたことがあるんじゃないかしら。

自宅フリーランサーのわたくしにも何を隠そう、内勤猫がいる。
もちろん、普段は優秀な癒し担当ではあるが、仕事が忙しく「むきーーーーーーーー」となっているときにかぎって「邪魔な部下」になる。

のる、ふむ、じゃれる。

居て欲しくない場所に、いる。
座って欲しくない場所に、座る。
おしりのはじっこがキーボードを押す。
マウスに、ポインタにじゃれる。
ひざに乗る(足を動かしづらくなるので、びりびりにしびれる)。

もしこの小さなベッドを気に入ってくれたら、
お気に入りの場所になってくれたら、
わたしたちもっといいパートナーになれる。はず。

でも、猫って、お金のかかってるおもちゃじゃあそばなかったりするよね。

これも……?

でも、一度つかってみたい。

きちんと座ってくれるなら、わたしの作業の効率はすごくあがるはず。

via DVICE

« Previous Entries
» Next Entries