The world is full of lovely stuff :-)

自由の不自由。

はみだし雑記録

11.11.25

「自由」ときくといつも思いだすのが、大学の時、授業で丁度、奴隷解放運動のあたり。 奴隷解放運動だなんてなんか仰々しい話題になっちゃうのだけど(画数も多いし!) 先生が「自由の不自由」っていう言葉を使って説明した事があった。

奴隷解放は当然であるし、正しい事だけれども、でも当時はその解放によって奴隷だった時よりも酷い境遇に晒された人たちも居たという話。

つまり、ただ本当に「解放」されただけで、 何も保障されず補償もなく放り出されたとそういう話しだったと記憶しているのだけど、 私これをその時とても「なるほどなあ」とおもって聴いてた。 「自由の不自由ってあるんだな」「自由ってこわいな」ってそう思った。 自由の反対語は、束縛?強制? 束縛されてたほうがラクだったり、 強制されてたほうがラクだったりすることも多々あったり。

自由にしてると、ほっといてくれればいいのに全く関係のない人に勝手なヤツだと意地悪いわれたり、無理で無駄な自己責任とやらでチクチクさされたりして。

ああ、自由は不自由です。
そしておそろしいです。
まちがいなくロンリネスです。

だけどどうせ生きているなら、 自由がいい。

何故か分からないけど、 自由なのがいい。

完全なる自由があるのかどうかわからないけど、 1mmでもそれに近づくしかない。

だからやっぱりロンリネス。 わたしも選んでやってます。(涙こらえて編んでます?

なのに、どうしてうまくいかないのかなあ。と思う日のことが多いけど(笑)、それはきっと苦行癖が抜けてないんだね。

気楽さと真面目さとをバランスよく調合、ロンリネスを隠し味にしたおいしい自由をつくりたいものです。

Smilar Posts

    None Found
  • おーた

    うん、最後のところ、今、咀嚼中だけど、とてもいいフレーズだと感じてます(^_^)。

    ところで、自分から言い出してなんだけど、理想は、フリーダムだけどロンリネスではない、ということだとは思うんです。

    しかし、現実はそうもいかず…。
    何が正しくて、間違っていて、なんてことは自分が死んでも、人類が滅亡しても答えはでないんだろうけど。心が晴れやかで、そして人を必要として必要とされて、それで自由だったらいいんだろうな、と、中学生的な心で、そう思ったりはします(^_^)。

    ところで、涙こらえながら、着てはもらえぬセーターを編むのは、自分を傷付けるだけだよねー(^_^) 関係ないけど(^_^)

    脈略ないです…。また、何かひらめいたら、メッセージさせてください!

    今後ともよろしお願いします!

    押忍

  • あめい

    同志発見!とおもったら、私のはやとちり?!だったようですね〜。ちぇw
    実はまるで正反対だったりして!w