The world is full of lovely stuff :-)

ひーたんを予防接種につれていきました。

相棒は猫である

12.02.01

年に1回は必ずくるひーたんの外出。
それが予防接種祭り。

・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫カリシウイルス感染症
・猫汎白血球減少症

の3種ワクチンを毎年打ちます。

あと3つぐらい予防接種はあるそうですが、ひーたんは外にでない猫なのでこの3つで十分なのだそうです。

……ということで動物病院へ。
今日行った動物病院は、大須に引っ越してきてから行き始めた病院で、ワクチン接種は4回目。
つまりは4年目です。

ここの先生は渋めの先生で、

「人の食べ物はたべさせてないね?」「はい」
「外にはだしてないね?」「はい」
「ドライフードだね?」「はい」
「お水はしっかりあげてるね?」「はい」
「あったかい寝る場所用意してるね?」「はい」

と、ひーたんの触診中はこんな感じで、人間にはぶっきらぼうに質問をしていきます。

ただ、4年目にしてようやく、今日の先生はちょっとやさしかった気がしました。

「3年間体重変わってませんね。いいことです」

「(えへへ //////)」

去年も、

「去年と体重かわってませんね。いいことです」

っていわれたのだけど、今年の方が言葉がやわらかかったような気がしたのです。
4年目にしてようやく「まあまあの飼い主」とみとめられたのかもしれません。

ひーたんは相変わらずのへたれっぷりを発揮し、
診察台の上で先生に「ふわしゃー!」と威嚇するも、完全に腰はひけている状態。
先生にも、看護婦さんにも笑われていました。

いまのところ、ワクチン接種ぐらいしか病院に縁のないひーたん。
しかし、8才なのでもう熟女猫です。
お互いまだまだ元気に暮そうね。

Smilar Posts

    None Found