The world is full of lovely stuff :-)

短歌:今日の一首「12時の地下鉄」

はみだし雑記録, 今日の短歌一首

09.04.26

「ひとり降り それじゃあまたね ふたり降り
 12時の地下鉄 降りて小走り」

昨晩は、天白の魔境!YKさんちでお食事会。
いつものよし猫以外のメンバーはかなりお久しぶりな顔ぶれ。久しぶりであれ、いつも会ってるのであれ、会いたいといってくれる人がいるというのはうれしいことだ。

帰りは3人で一緒に地下鉄にのって、
よし猫は1駅で降りたけど、
まだYKNちゃんが残っていて、
ふたりでちょっとはなしして、
YKNちゃんが途中で降りた。

わたしは名古屋の中心部に住んでいるので、例えばみんなでお食事をして帰る時、ひとりぼっちになることが多い。一緒だとしても、一駅だけとか。それに、すぐ家につくので気分転換がしづらい。

……いや、なんといっていいかわからないけど、気分は半々。みんなと一緒に帰りたいのと、ひとりで気分転換したいのと、半々だ。

気分転換のために、一人で帰りがけにもう一軒お店に入る事もめずらしくない。歩いて帰ると言い出すのもそのためだ。健脚自慢では決して無い。

いつもはヘッドフォンで、大きな音で、音楽を聴いて、たたたたと歩いているうちにお家に帰るこころの準備が整う。

昨日は音楽のかわりに、みんなで話した事や、みんなの近況を静かに回想しつつの帰り道。

さみしくもなかったし、家にたどりつくまで少し時間があったし、でも最後はひとりにもなれたし、よい具合で家にたどりついた。こういうのを「しみじみ」と言うのか?

言っちゃえ。

Smilar Posts

    None Found